ビフィズス菌を知りたい

ビフィズス菌は、もともと人間の腸内にいる菌です。その数に個人差があるのですが、だいたい1兆から10兆近くはいると言われています。しかしながら、他の乳酸菌のように酸素に触れるような環境の中では生きていられないため、存在できる場所は限られています。ビフィズス菌には、強力な殺菌作用があるとされている酢酸を作りだす力があります。そのため、感染症を予防してくれたり、免疫力を上げてくれたりします。また、アレルギーの改善などにも役立ちます。花粉症などの改善にも良いので、気になっている方は是非積極的に摂っていただきたい菌です。

もちろん、善玉菌を増やして腸内環境を理想的な状態へと導いてくれます。腸内に悪玉菌が多い状態では、様々なデメリットがあるのですが、ビフィズス菌を摂ることで腸内の善玉菌と悪玉菌のバランスを整え、便秘しにくい腸にしてくれるのです。もちろん、腸内環境が良くなれば便秘はもちろん下痢も改善することができるようになります。更に、脂質代謝も良くしてくれますので、高脂血症を防ぐことにも繋がります。

このように、ビフィズス菌には嬉しいことがたくさんあります。健康にも役立つ素晴らしい菌ですから、是非生活に取り入れてみてください。