ビフィズス菌とオリゴ糖

ビフィズス菌は、年齢を重ねると数が減少してきます。また、適当な食事を摂り続けている場合も数を減らしてしまうことになりますので注意が必要。やはり、栄養バランスのとれた健康的な食事は腸内環境を良くすることでもあるのでしょう。ビフィズス菌が減ってしまうと、悪玉菌が増えやすくなってしまいます。そうすると、それまで元気だった体に不調をきたすこともあります。こういったことを防ぐためにも、是非ビフィズス菌を上手に取り入れる食生活を心がけましょう。

ほとんどの成分が小腸で消化されてしまう中、オリゴ糖は大腸までたどり着くといった強さと特徴があります。そして、ビフィズス菌のえさになってくれるので、ビフィズス菌を増やすことができます。ヨーグルトを食べる時は、オリゴ糖を混ぜて食べるのもお勧めです。オリゴ糖は低カロリーですから、抵抗なく食べることができるでしょう。また、野菜などの中にもオリゴ糖を含むものがありますから、そういったものと一緒に食卓にあげるのもお勧めです。ごぼうやタマネギ、リンゴなどにも含まれていますし、味噌や醤油などにも含まれています。

ビフィズス菌やオリゴ糖を上手に取り入れて、便秘知らずの毎日を送りましょう。

参照ページ・・・私の便秘は解消しました。